さんしん-三島信用金庫
金融機関コード 1506
店舗コード | サイトマップ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


line個人のお客さま個人のお客さまline事業者のお客さま事業者のお客さまline店舗・ATM店舗・ATMlineさんしんって?さんしんって?line困ったときは困ったときはline採用情報採用情報line

HOME > 各種宣言・指針等 > ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディア利用宣言(ソーシャルメディアポリシー)

 三島信用金庫(以下、「当金庫」といいます。)は、当金庫のソーシャルメディア公式アカウントの運営および当金庫の役職員のソーシャルメディアへの参加に関して、以下のポリシー(指針)を定め、これを遵守します。

(1)ソーシャルメディアの定義

  • ソーシャルメディアとは、ブログ、Facebook、Twitter、電子掲示板、動画サイト、ホームページ等に代表される、インターネットやウェブ技術を使い、不特定多数のユーザーによるコミュニケーションを可能とするメディアをいいます。


(2)ソーシャルメディア参加の目的

  • 当金庫は、お客さまとの双方向のコミュニケーションを強化し、よりよい関係を築いていくため、ソーシャルメディアに参加します。


(3)ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

  • 当金庫の役職員は、ソーシャルメディアに発信した情報が広く一般に公開され、一度発信した情報は完全に削除することができないことを理解し、次の心構えでソーシャルメディアに参加します。
    • 参加者同士が対話を行う場であることを認識し、多様性を尊重し、参加者の発言に耳を傾け、社会人として良識ある言動を行います。
    • 不確かな情報を発信したり、誤解を与えたりすることのないよう、正しい情報の発信に努めます。
    • 業務上知り得た未公開の情報は一切公開しません。
    • 著作権、商標権、肖像権などの第三者の権利を尊重し、権利を侵害しません。
    • お客さまの個人情報は、法令および当金庫の内部規程に従い、厳格に管理し、適切に取り扱います。


(4)お客さまおよび利用者のみなさまへのご案内とお願い

  1. 当金庫の役職員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、公式アカウントでの発言を含め、必ずしも当金庫の公式発表・見解をあらわすものではありません。
  2. 当金庫の公式発表・見解の発信は、当金庫ウェブサイトおよびニュースリリースをご覧ください。
  3. このソーシャルメディアポリシーは予告なく変更される場合があります。その場合、すべての改定はこのウェブページでお知らせいたします。



2014年4月1日
三島信用金庫

▲ ページトップへ